「8月と10月の栗」 生き物語ー自然は尋常ではない!30話

若生のり子(NORIKO WAKO)

 

 

8月初旬

 

 

 

 

 

10月下旬

実がなり過ぎたのでしょう

小粒です

真夏の8月、若々しい緑のイガも柔らかく空に浮かぶ毬藻のようにメルヘンチック

収穫の10月、褐色の硬く鋭い針に様変わり

パックとはち切れて

強烈なイガイガとは対照的にお目見えしたツヤツヤの可愛い栗

「待ってました!」って

歌舞伎ではないですが

大向こうから「掛け声」したくなります

 

わこう のりこ (Artist)
(pubspace-x4429,2017.09.28)